専業主婦でも借りられるキャッシングとは?

部屋でパソコンを使う女性家計を預かる主婦にとっても強い見方なのがカードローンを使ったキャッシングです。
自分は収入がないからとキャッシングをあきらめている専業主婦の方もいますが、条件によっては専業主婦の方でも借入れができるキャッシングがあります。
現在提供されているカードローンには、銀行系・消費者金融系・クレジットカード系などがあります。
その中で専業主婦に融資を行っているのは銀行系のカードローンです。

2010年に実施された貸金業法の改正によって、借り入れ額の総額は年収の1/3までと定められました。
これが総量規制と呼ばれるもので、それまで問題だった消費者の過度な借り入れを防ぐために作られたものです。
規制がなかったころは比較的自由に借入れができたわけですが、そのため自分の返済能力を超えた借入れが問題になりました。
金利も高く利息が膨らむことで、借りても返せない人が多くなっていったのです。
中には返済不能となり自己破産に追い込まれるケースも少なくありませんでした。
総量規制施行によって個人向けの融資に制限がかかり、こういった問題も改善されることになりました。
ただ専業主婦にとっては厳しい状況となったのです。

sutoresu自身に収入がない専業主婦は消費者金融などでは実質的には借入れが不可能となりました。
しかし銀行というのは総量規制の対象となる貸金業者ではありません。
そこで総量規制は適用されず、専業主婦でもカードローンの申込みが可能なのです。
この場合配偶者に安定した収入があることが条件となります。
また限度額は決して高くはありません。
しかし限度額が高ければ借入れしすぎるリスクが大きくなりますから、低めの設定であれば安心といえます。
専業主婦が銀行系カードローンに申し込む際には、一定額までは収入証明書も配偶者の同意書も不要となっています。

銀行系ということで信頼度も高く、主婦の方にも利用者が増えています。
申込みはインターネットや無人契約機などで簡単にできます。
ちょっと家計が厳しいときにもスピーディに対応してくれるのがポイントです。