なぜ保証人と担保がいらないの?

お金を借りる際に担保や保証人は必要と思っている方は少なくありません。
しかし、消費者金融のキャッシングは担保も保証人も不要で融資を受けられます。

■利用者を信用を担保にする■

消費者金融のキャッシングは、利用者の家や土地などを担保にするのではなく、利用者本人の信用を担保にしてお金を貸します。
このシステムのことを信用貸しと言い、消費者金融や銀行のカードローンなどで採用されています。
信用貸しは信用が大切なので申込書に正しい情報を入力し、虚偽の申告をしないことが重要です。
信用は目に見えないからこそ、借りたお金はきちんと返して信用を失わないように気をつけなければなりません。

■金利が高めに設定されている■

信用貸しとはいえ、貸金業者にとっては貸したお金が返ってこないと場合によっては経営に影響を及ぼしかねません。
あらかじめ審査で確実に返済できるであろうという金額を算出して限度額を設定しますが、万が一利用者が返済できなくなったときのために金利を高めに設定しているのです。
一昔前まではかなりの高金利で貸付をする業者もありましたが、現在は貸金業法で上限金利は20%と定められています。
20%は超えないように金利を高めに設定し、もしものときに備えているのです。

担保も保証人もいらないから借りすぎても大丈夫と安心しきってしまうのではなく、信用のもとにお金を借りていることを忘れてはなりません。
ちょっと返済に遅れてしまっただけでも信用度は下がってしまいます。
きちんと返して正しく利用するようにしましょうね。

help-about-2専業主婦でも申込めるキャッシングを紹介しています