仮審査と本審査の違いとは

カードローンに申し込むと、まず仮審査で借入れできるかどうかを調べます。
この仮審査に通ったからといって契約できるのではなく、本審査を受けなければなりません。

■仮審査って何?■
仮審査とは、申込者が借入れ可能な人がどうかを調べることです。
一般的に年収や借入れ状況などごくわずかな情報だけで貸せるかどうかの判断を機械で行います。
要するにその人の人となりを見て判断するのではなく、あくまでも数値的なものだけでふるいにかけてしまうのです。
仮審査は機械で行っているので数秒程で結果が分かることもあります。
仮審査で落ちてしまうということは、過去に延滞や自己破産などの金融事故を起こしている可能性が高いため、そうでない場合は信用情報の開示を求めて確認したほうがよいでしょう。

■本審査に通ってから契約できる■
仮審査に通過したら本審査に移ります。
本審査では、審査担当者が申込みフォームの記載内容と信用情報の登録内容を照らし合わせながら一つ一つチェックします。
本審査では本人確認の電話をかけたり、信用情報を詳しく確認して契約可能額を判断します。
審査結果が出るまでは30分~1時間程が多いようです。
契約可能額が希望額よりも多ければそれだけ信用してもらえたということになりますし、少なければその提示された条件であれば契約可能ということになります。

お金を借りるには仮審査と本審査の両方に通らなければなりません。
仮審査に通過したからといって安心するのではなく、あくまでも本審査に進むためのステップと思っておいたほうがよいでしょう。

help-about-2専業主婦でも申込めるキャッシングを紹介しています