専業主婦がキャッシングをするときに必要な書類とは

収入のない専業主婦が銀行の専業主婦のキャッシングを申し込む際の必要書類は、身分証明書のみで収入証明書などは必要ありません。
担保や保証人も不要なので身分証明書さえあればすぐに申し込めるので非常に便利です。

■身分証明書があれば事足りる■

専業主婦のキャッシングは一般のローンのように多額の資金を借りるためのものではありません。
あくまでも日常生活の中でちょっとたりない分を補うために利用するローンなので限度額は多くても30万円程度であることがほとんどです。
収入証明書の提示が求められるのは、原則として希望借入額が50万円を超える場合や希望額と他社での借入額の利用残高の合計が100万円を超える場合です。
つまり、専業主婦のキャッシングは収入証明書の提示なしで申し込めるというわけです。

■レディースローンの場合■

専業主婦のキャッシングとよく似た女性向きのローンとして消費者金融のレディースローンがあります。
このレディースローンはその名の通り女性のためのローンで、申込みから借入れまですべて女性スタッフが対応してくれます。
パートやアルバイトをしている主婦がレディースローンに申し込む場合、借入れ希望額が50万円を超えたり、借入れ利用残高が100万円を超えているのであれば収入証明書の提示が求められます。

専業主婦でも利用できる銀行の専業主婦のキャッシングに申し込むときは運転免許証や健康保険証、パスポートなど自身の身分証明書だけで十分です。
旦那の収入証明書や同意書等も不要なので、旦那にバレるんじゃないかと不安になることもありません。

help-about-2専業主婦でも申込めるキャッシングを紹介しています